HOME>記事一覧>事業が進展すると低コストも可能、費用や自由度を考慮した選択をする

目次

長期的な事業に向いている

不動産投資

事業を始める際、レンタルオフィスや賃貸オフィスではなく、貸事務所を選択するという方法があります。メリットとしては、貸事務所は客やクライアントからの信用を得ることができる点にあり、これは仕事を行う上では得難い利点になるものです。また、金融機関などからも法人として信用されるため、融資の際も有利に働く傾向にあります。ですが、初期費用がかかるので費用が高くなるという面があるので、費用を抑えたい方は注意が必要です。しかし、賃貸料は比較的安いので長期に渡って事業を行いたい方には結果的にメリットとなるかもしれません。

自由な事務所を構えたい方向け

マンションの模型

また、貸事務所は契約をしてから実際に事業が始まるまで時間がかかることが多いです。物件選びから審査、契約などを経てからも、OA機器やオフィスで使用するアイテムの搬入、内装工事を行う必要があり、回線を引くなどの設備が整って初めて事業を始めることが可能なため、今すぐに事業に取り掛かりたい方には向いていないかもしれません。ですが、その分じっくりと事業の展開や進展を考えたり、話し合いを行うこともできますし、貸事務所では内装やレイアウトを比較的自由に行うことが可能です。必要時に設備などをプラスすることもできますので、自由度を優先させたい方は貸事務所を検討してみてはいかがでしょうか。

広告募集中